園の方針

大地のやさしさに抱かれて、郊外で市街地を一望する高台にあります。四季折々の美しい景色が楽しめ、自然に恵まれています。 風・光・水・緑・土・・・。人が育ち、人が生きるために、大切なものがここにあります。しなやかで丈夫な身体と豊な心を育んでいます。

園長 楢原直美

理念 子どもの幸せを願い、健やかな成長のため、最善を尽くす
保育方針


保育の中で大切にしていること~心もからだも健康に~

あそび
恵まれた自然環境を生かし、思う存分遊び、散歩を楽しみ、上部なからだと豊かな心を育てます。また、いろいろ体験や経験を通し、よく考え、想像力を育てていきます。

物語の世界を広げる
保育園ではテレビを見ません。 絵本・紙芝居・読み聞かせ・観劇・・・物語の世界を広げ情緒豊かに育てます。

リズムロールマット
日常使っていない筋肉を使うことにより、バランスの取れたからだになります。 心地よいマッサージで血流を良くします。発達を促進するリズム運動で全身のびのび、表現活動を豊かにする。

日本文化の伝承
昔から伝承されてきた日本の良い文化を園行事に取り入れ、伝承文化を楽しみます。

うすぎ
皮膚の毛穴の開閉により、自らの体温を調整つする機能を促し、健康なからだを作ります。

はだし
直接、土の上や芝生、床の上などをしっかりけって、歩けるように!(乳児は足の親指を使い地面を蹴って、たくさんはいはいします。) そして足の裏の刺激により、全身の発達を促します。

正しい生活リズム
早寝、早起き、快便、快食・・・生活のリズムを大切にします。 (不随意筋の働きを良くします。)薄味で噛むことを大切に。


ページの先頭へ戻る
アルバムはこちら